1. ホーム
  2. 脱毛の基礎知識
  3. ≫全身脱毛でかゆみが出たときの対処法

全身脱毛でかゆみが出たときの対処法

woman_kayumi_01

全身脱毛をしたときに、体に「痒み(かゆみ)」が出ることがたまにあります。

私も最初の2,3回くらいまでは、脱毛後に結構激しいかゆみが出てきました。

かゆみは2,3日経つと治まるのですが、毎回かゆみが出るとちょっと煩わしいし、人によっては2,3にかゆみが治まらない人もいるそうです。

このページでは、全身脱毛をしたときの「かゆみ」の対処法と、かゆみを出さない・長引かせないための対処法をご紹介します。

なぜ脱毛するとかゆくなるのか?

脱毛は肌に負担のある方法です。

医療用レーザー脱毛の場合はレーザーで肌を照射するし、光脱毛の場合でも光を照射します。美容電気脱毛は毛穴に電気を流して脱毛しますね。

レーザー脱毛でも光脱毛でも美容電気脱毛も、脱毛するときに毛穴は肌が一時的に高熱や電気の刺激を受けます。この刺激がダメージとなって、脱毛直後は赤くなったり腫れたりします。

通常だと、1日放っておけば赤みも腫れもなくなるのですが、敏感肌や肌の弱い女性は、赤みや腫れが続く場合があります。

このダメージを受けた肌が治るとき(治癒するときに)かゆみが発生します。

これが、脱毛後にかゆくなる原因です。

かゆみが出たときの対処法

体を洗いすぎない

かゆみが出ているときは肌がダメージを受けて敏感になっているときです。

お風呂で体を洗うときは、スポンジやタオルなどを使わずに、手でボディーソープを泡だてて汗を流す程度に優しく洗うようにしましょう。

スポンジやタオルでこするように洗ってしまうと、治りかけている肌にさらにダメージを重ねてしまって、かゆみを長引かさせてしまいます。また、肌がカサカサしたり、毛穴が目立つ原因にもなってしまいます。

脱毛直後のお風呂では注意が必要です。

アフターローションで肌ケアする

アフターローションを使うことで、かゆみを無くしたり、かゆみの治まりを早くします。

例えば、女性用に販売されている「パイナップル豆乳」というローションは、ムダ毛ケアを主目的としたアフターケアローションです。

pinelotion2

もともと、自分でカミソリで剃ったり毛穴で抜いたりした肌に使用して、傷ついたり毛穴が開いてしまったダメージ肌をケアする目的のローションです。

脱毛後のダメージを受けた肌にも最適で、赤みや腫れを抑える効果・かゆみを抑える効果・脱毛後に荒れた肌を素早くケアする効果もあります。

医療脱毛の場合は、クリニックから炎症止めの軟膏を処方される場合もあります。そのときは、夜にベタつく軟膏を塗って、朝はサラッとしてベタつきの残らないパイナップル豆乳ローションを使ってみるといいでしょう。

私も、全身脱毛をしていたころは、かゆみを抑えるのとツルスベ肌をキープするために、パイナップル豆乳ローションを使っていました。

かゆみや肌荒れが出てしまう人はぜひ試してみてください。

アレルギーによるかゆみ

稀に、レーザーや光のアレルギーによって肌がかゆくなる人がいます。

上記でご紹介した方法を試してもかゆみが治まらない、1ヶ月以上かゆみが続いてしまうような場合は、必ず通っているサロンやクリニックに相談しましょう。

かゆくならないような対処や治療をしてくれるはずだし、万が一、それでもかゆみが続いてしまう場合は、脱毛自体を中止しなければいけなくなります。

ただ、脱毛ができなくなるほどのアレルギーのケースは今のところ聞いたことがありません。

かゆくならないような対策

脱毛後に毎回かゆみが出てしまうと、正直煩わしいです。

1日2日なら我慢できても、毎回それ以上続くかゆみがあるとさすがにストレスになります。

脱毛後にかゆみが出てしまう場合は、以下のようなことにも注意してみてください。

運動を控える

脱毛直後、1日くらいは激しい運動は控えるように言われます。

激しい運動は当然なのですが、たとえば駅で小走りしたり、自転車に乗るような運動もかゆみにつながります。

というのも、脱毛直後は肌がダメージを受けて傷ついている状態です。そこに運動をして汗をかくことは、傷口に塩を塗るような状態です。

さすがに、実際に傷口に塩を塗るほど大げさなものではありませんが、できるだけ汗をかかないように、夏場なら汗をこまめに拭き取るようなケアをしましょう。

なるべく日光に当たらない

脱毛後に日光を浴びることもかゆみにつながります。

これも脱毛サロンやクリニックでは注意されることですが、かゆみが出てしまう人は特に日光に注意してください。

直射日光の紫外線は、私たちが思っている以上に強いものです。実際に赤く焼けたり熱くならなくても、紫外線は肌にダメージを与えます。

脱毛後の弱っている肌に紫外線を浴びると、敏感肌や肌が弱い人はかゆみとなって現れて、毎日浴び続けることで長引いてしまいます。

半袖になる夏場はもちろん、秋や冬でも日光には気をつけましょう。

着るものに注意する

意外と見逃しがちなのが、洋服(着るもの)です。

脱毛直後の肌はダメージを受けている状態なので、ちょっとした刺激にも敏感です。たとえば、毛糸のようなチクチクした素材や化学繊維などもかゆみの原因になります。

かゆみが出てしまう人は、できれば、毛糸や化学繊維の洋服は控えましょう。洋服を着る前に、上記で紹介したような「肌ケアローション」を塗っておけば完璧です。

脱毛後のかゆみのまとめ

脱毛後のかゆみはある程度は仕方のないものです。
ダメージを受けた肌が回復する過程なので。

でも、あまりにかゆみ強かったり、かゆみが続いたりすると、無意識にかいて肌にさらにダメージを与えてしまいます。

肌に傷が残ったり毛穴が目立つように残ってしまう原因にもなってしまうので、放っておかず今回ご紹介したような改善方法でしっかりケアしましょう。

よろしければシェアをお願いします。